その昔、大納言の位にあった貴人は、たとえ罪に問われても切腹を申し付けられる事は無かったと言われます。

丹波の小豆は幾ら長時間煮ても、腹が割れることは無いことから、小豆の「大納言」、大納言小豆と呼ばれてきました。

 

中でも奥丹波・春日地域の小豆は香りが上品で、京都の和菓子屋さんからも好評を頂いております。

大納言小豆
¥800
カートに追加
  • 在庫あり
  • 配送期間:2-3日1
         お 善 哉
         お 善 哉